京橋のバイオインフォマティシャンの日常

まずは、データ分析、コマンドラインのメモとして

Macで、mds_storesのプロセスを消し出したら、Spotlightとの決別のサインかも!?

mds_store というMacのプロセスは、Spotlight のインデクスを作成するプロセスである。これに加えて、mdworkerというプロセスもあり、これらのプロセスが頑張って、Macのファイル検索システムであるSpotlight関連の機能を実現している。

知らず知らずのうちに、mdsプロセスたちが動き出すと、CPU使用率を結構消費するうえに、Mac本体の温度上昇も半端ない。

私の場合、mds_storeが動き出したと気づけば、即座に、アクティビティモニターでプロセスの息の根を止めていた。

ただ、mdsプロセスはしぶとくすぐに復活してくる。。。

mds_storesに対するイライラが域値を超え、Spotlightとの決別を決めた。

## 実行環境
MacOS Catalina (バージョン 10.15.6)

やることは、Terminalを立ち上げて、以下のコマンドを打ち込むだけである。

# インデックス作成のOFF設定
$ sudo mdutil -a -i off

# 念のため、再度有効にする場合(インデックス作成のON設定)
$ sudo mdutil -a -i on

他の記事を見る限り、このコマンド実行のポイントは、 すべてのボリュームに適用する -a の 引数をいれることかと思う。

当然、デメリットとしては、Spotlightの機能がまったく使えなくなる。Terminalコマンドで言えば、find は使えるが、Spotlightで動いている mdfind は全く使えなくなる。

まとめ

mdsプロセス問題、ファイル検索の利便性、どちらを選択するかは貴方次第。

2020年、Spotlight / mdfind との決別を私は選択した。

関連情報

fanblogs.jp